トリプルスクリーン取引システム

トリプルスクリーン取引システム

初心者はよく魔法のツール、大金を稼ぐのに最も役立つ指標を探しています。しばらく幸運をつかむと、初心者はエルドラドへの道を見つけたと思っています。しかし、魔法が消えて、初心者がお金を失い始めると、使用したインジケーターをあきらめ、別の「ドル箱」を探し始めます。それが取引に対して誤ったアプローチであると言っても不思議ではありません。市場が複雑すぎるので、一つのインジケーターで分析できません。後段を読むとすぐに、「まあ、さまざまなインジケーターを使ってみたが、相矛盾するシグナルを受け取った」と言えます。まったく正しいです。インジケーターはお互いに論争し、トレーダーにだまし取引シグナルを送ります。

このややこしい状況に対処するためには、トレーダー界の最も聡明な男性の一人であるアレクサンダー・エルダー氏は、トリプルスクリーン取引システムを考案しました。トリプルスクリーン取引システムは、トレンドをつかむインジケーターとオシレーターを組み合わせ、その長所を残しながら短所を取り除きます。素晴らしいソリューションですね。

医学のトリプルスクリーンマーカー(ちなみに、エルダー氏は金融マーケットにおける取引に関わる前は、精神分析医として働いていました)のように、トリプルスクリーン取引システムは、各取引決定にいくつかのユニークなテストまたはスクリーン(フィルター)を適用します。これにより、リスクを最小限に抑え、より大きな利益を得る可能になります。

システムは、どのように機能しますか?

最初は、取引のタイムフレームを決める必要があります。主なトレンドは三つがあります。これは、長期的、中期的、短期的なトレンドです。1930年代の有名なマーケット技術者であったロバート・レア氏は、これらの市場トレンドを、潮(長期)、波(中期)、波紋(短期)と比べました。レア氏は、トレーダーが市場の潮の方向(最初のスクリーンで、つまり最大タイムフレームで確認できる)に取引し、波(中期的な視点で取引パターンの変化を示すこと)をうまく利用して、波紋に注目しなければならない(3番目のスクリーンに表示される小さな取引シグナルを無視しないでください)と信じていました。

たとえば、数日間取引したい場合、中期タイムフレームは日足チャートで測定されます。週足チャートは長期トレンド(潮)を判断するのに役立ち、時間足チャートは取引を開始する最良の瞬間を見つけさせます。以下の表では使用できるタイムフレームの組み合わせについてご覧ください。

screens.png

第一段階スクリーン

タイムフレームを選ぶと、取引パターンを解きほぐすことができます。市場のトレンドをつかむために長期チャートを分析することから始めます。トレンドフォロー型インジケーターである13日指数移動平均線を使ってください(「挿入」→「インディケーター」→「オシレーター」→「MACD」をクリック)。指数移動平均線が下がっていると、下落トレンドを示します。指数移動平均線が上がっていると、上昇トレンドです。確認のためにもMACDを追加することができます「挿入」→「インディケーター」→「オシレーター」→「MACD」をクリック)。そして、MACDヒストグラムの傾きを見てください。MACDヒストグラムの傾きが上昇した場合、買いトレンドです。逆に、傾きが下がったときは、下降トレンドを示します。

重要なルールを覚えておいてください。上昇トレンドであれば、買いポジションのみを開きます。下降トレンドなら、売りポジションのみを開きます。

Elder1.png

第二段階スクリーン

2番目のスクリーン(2番目のタイムフレーム)は、潮に逆らう波を狙うものです。簡単に説明すると、週足で下降トレンドを見る場合は、日足チャートで調整を確認する必要があります。この調整が終了して下降トレンドが再開する瞬間を捉えることができます。

ここでは、オシレーター型のテクニカルを使用し、週足トレンドからの乖離を明らかにします。あなたの仕事は、週足の主なトレンドと同じ方向を指し示す日足のシグナルだけ見つけることです。

たとえば、週足で下降トレンドを判断した場合、日足のオシレーター型のテクニカルからの売りシグナルのみを考慮し、買いシグナルを無視する必要があります。そのため、ストキャスティクスを使用できます。週足の13日EMAとMACDが下落した場合、日足のストキャスティクスが買われすぎのエリアを離れ、70%を下回る瞬間を探してください。これは売りシグナルになります。逆に、週足のMACDが上昇すると、日足のストキャスティクスが売られすぎのエリアを離れ、30%を上回るところを探します。これは買いシグナルになります。

第三段階スクリーン

第三段階目は市場に入るテクニックとなります。3番目のスクリーンには、テクニカルツールは必要ありません。第一段階スクリーンと第二段階スクリーンが売り/買いシグナルを出したら、市場に入ることができます。できるだけ高い精度で市場に入るには、いわゆるトレーリングテクニックを使用してください。

週足のトレンドが下がり、日足のトレンドが上昇から下降に転換してくるときは、3番目のスクリーン(3番目タイムフレーム)に行きましょう。第三段階目のチャートを開くと、すぐに市場に入らず、ペンディング・オーダー(注文処理中)を使用してください。前日安値の1~2 pips下で逆指値売り(Sell Stop)を出します。これは、下降方向へのブレイクを見つけるのに役立ちます。また、注文を開く前に市場が方向性を転換すれば、損失の拡大を防ぎます。しかし、売りポジションを開かず、ペアが上がった場合、逆指値売りを次のロウソク足の1~2 pips下に移動してください。注文を出したら、2つ前の高値の1~2 pips上に逆指値売りを指定します。それがどのように働くのかを確認するには、下の図をご覧ください。

Elder2.png

主なトレンドが上昇しているときは、同じ戦術が反対の行動を取るべきです。この記事を説明したエルダー取引戦略を使用することで、お金を失うリスク(だまし取引シグナルに惑わされるリスク)から保護されます。同時に、より大きな利益を得ることができます (インジケーターやオシレーターのおかげで利益を逃しません)。  

同様

貴金属投資の成功

古くから金、銀、プラチナなどの貴金属は、特に不安定な時代において、金融の安定をもたらすものとして使用されています。

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera