ストップロスを設定するときの危険なミス

ストップロスを設定するときの危険なミス

取引するときにストップロスの設定が必要であることは秘密ではありません。また、それがリスク管理の主要なツールの1つであることも強調する価値があります。しかし、ストップを正しく設定する方法を理解することも重要です。簡単なリスク管理のルールに従わないと、とても早くお金を失ってしまいます。ストップロスを設定する際に起こられる最大の間違いを見つけ、それらを回避する方法を調べましょう。

何ですか? ストップロスについて何も知りませんか?これはすべてのトレーダーにとって非常に重要なツールですよ。是非、外国為替ガイドブックをお読みください。

第1の間違い

幅が狭すぎるストップロスを設定すること

1-01.jpg

ご存じのとおり、価格は好ましい方向に進む前に変動する可能性があり、微妙なものです。幅が狭すぎるストップロス(エントリーポイントに非常に近い)を設定すると、ストップロスをキャンセルできる、市場を襲った突然の価格変動の影響を受ける可能性があります。結果として、市場にエントリーする良いチャンスを逃してしまいます。金で取引する例を見てみましょう。RSIが買われすぎゾーンから離れ、MACDがベアリッシュ・ダイバージェンスを形成しました。そして、1.341ドルで売りポジションを開き、1.345ドル(これまでのレベルの統合に基づく)で幅が狭すぎるストップロスを設定することにしました。価格は確かに下がり、トレーダーを幸せにしました。しかし、急に強気になり、価格が上昇しようとしました。ブルが成功できませんでしたが、いきなり攻撃はストップロスをキャンセルしました。その結果、市場にエントリーする良いチャンスを逃しました。

2-2.jpg

そのため、ボラティリティを考慮に入れることがとても重要です。

第2の間違い

幅が広すぎるストップロスを設定すること

1-02.jpg

トレーダーがよくあるもう一つの間違いは幅が広すぎるストップロスに関連しています。ストップロスを遠すぎる設定すると、取引が危険に値するために、ポジションが有利に動くpip数を増やす必要があります。この間違いを避けるためには、常にリスク/報酬比率を考慮してください。リスク/報酬比率によって、リスクにさらす1ドルごとの潜在的な報酬が決まります。たとえば、リスク/報酬比率が1:3の場合、3ドルを稼ぐために1ドルのリスクがあるということです。良いリスク/報酬比率を使うと、ストップロスとテイクプロフィットがポジションサイズと関連しており、利益を得る可能性が高くなります。次のチャートでは、RSIが売られすぎゾーンの上限に達しました。そろそろ反転してくると思って0.7020で買いポジションを開きました。しかし、強欲すぎて、市場と自分の予想に大きな自信を持っていたので、テイクプロフィットを0.7124とし、ストップロスを0.6973に設定しました。その結果、次のローソク足が下がり、損失を出しました。

1-1.jpg

第3の間違い

正確にレジスタンスラインまたはサポートラインにストップロスを設定すること

1-03.jpg

価格がブレイクアウトの後にサポートライン/レジスタンスラインに戻って、好ましい方向に進む前にストップロスをさせる可能性があるので、正確にレジスタンスラインまたはサポートラインに設定することは危険です。ユーロ/米ドルのチャートでは、1.2214でサポートラインのブレイクが避けられなかったです。最後に、4月23日のユーロに関してマイナスのニュースはブレイクアウトをもたらしました。ストップロスがブレイクアウトの直後にサポートラインに設定されました。そして、 価格が1.2214レベルに戻ったので、ストップロスが壊れました。早く対応しないと、エントリーのチャンスを逃すでしょう。また、以下の例では、売り注文を正確にサポートラインに設定したことを強調する必要があります。その結果、価格はそれからバウンスしました。したがって、注意を払って、サポートライン/レジスタンスラインに注文を正確に設定しないようにする必要があります。

1-06.jpg

第4の間違い

事前にストップロスを設定しないこと

1-04.jpg

当たり前のように思えるかもしれませんが、時々トレーダーはそれを忘れてしまいます。取引を開始する前に、正確なエントリー、利益目標、ストップロスのポイントを知らなければなりません。トレーダーがまだ資金を危険にさらしていないため、その戦略的ステップは決定から感情を取り除くことができます。単にチャートを見て、相場のさらなる方向性を分析するだけです。

第5の間違い

早急にストップロスを限界利益と損益分岐点に動かすこと

1-05.jpg

時々、市場が望ましい方向に進んでいることがわかった場合は、その状況について綿密な分析せずに、 興奮しすぎてストップロスを動かすことがあります。しかし、これは予期せぬ損失を招く恐れがあります。エントリーをするならば、ストップロスのレベルについて次のことを考えるべきです。「価格がこのレベルの上回る/下回る場合、マーケットにエントリーする理由は市場によって反証され、その結果、現在の分析は間違っているでしょう」。したがって、最初の計画に固執する必要があります。それは感情的な取引を克服するのに役立ちます。市場がストップロスの移動が必要であると証明した場合にのみ、それを動かしてください。たとえば、特定のサポートラインがブレイクされ、指標がさらなる下落をシグナルしている場合、ストップロスをもう少し低くすることをお勧めします。その逆、ブルが重要なレジスタンスラインをブレイクし、その他の要因が上昇トレンドを示している場合、ストップロスを高くすることができます。

まとめ

ストップロスの設定はすべてのトレーダーにとってとても重要です。それはあらゆる取引戦略に不可欠な部分です。しかし、間違って設定した場合、このストップロス注文はあなたに悪さをする可能性があります。本記事で記載している間違いを回避すると、ストップロスを設定してリスクを簡単に排除するのに役立ちます。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera