サポートラインとレジスタンスラインを設定する5つの手法

サポートラインとレジスタンスラインを設定する5つの手法

トレーダーは、サポートラインとレジスタンスラインがない取引を想像することはできません。これらのラインは、取引通貨ペアの価格帯を定義し、価格の急激な動きを引き起こすことができます。

では、これらの2つの魔法の言葉を説明しましょう。レジスタンスラインとは、通貨ペアが「上値」を超えないように「抵抗」圧力が働く線ということです。それでも、ペアがレジスタンスラインを超えて上がることができないというわけではありませんが、そのためにはとても強い支持要因が存在するはずです。そうでなければ、ペアは反転します。サポートラインは、ペアがサポートラインまで下がってきたら、そこよりも下がらないように相場は反発しようとします。レジスタンスラインと同様に、価格がサポートラインを越えて下がることがありますが、反転の可能性は高いです。

その結果、これらのラインは、利益を得るためにはいつポジションを開閉するかを決定するのに役立ちます。したがって、ラインの正確な引き方を知ることが非常に重要です。以下は、サポートラインとレジスタンスラインを見つけるために最高手法を集めました。

•スイングハイ、スイングロー

では、「スイングハイ」と「スイングロー」の定義から始めましょう。スイング・ハイは、価格の動きのなかで高値です。価格が波のように移動するので、スイング・ハイは価格が反転する前に波の中の高値を指します。その一方で、スイングローは価格が反転する前に値動きの安値です。

それは最も簡単な手法の1つです。価格チャートにはすべてが表示されるため、ツールやインジケーターは必要ありません。必要なのは、直近の高値と安値を目立たせることだけです。当然のことながら、現在の価格に一番近い高値と安値を検索する必要があります。価格がブレイクできない、その結果、反転できない明らかなレベルを選択してください。価格が選択したレベルから反転する回数が増えるほど、このレベルはより強くなります。価格が同じレベルで反転することはほとんどないため、正確なレベルを設定できません。レベルは数pipの上下になります。見つけたレベルを目立つには、水平ラインを引いてください。

チャートを見てください。1.15レベルはユーロ/米ドルの強いサポートラインとなります。そのペアは5月末と6月中旬に2回反発しました。

EURUSDDaily article.png

•心理的なレベル

心理学的レベルは、取引相場価格が「0」で終わったときに現れます(「0」があればあるほど、レベルが重要です)。たとえば、1.50、95.00などです。心理的なレベルは、人間性のせいで現れます。たとえば、英ポンド/米ドルの通貨ペアの将来価格について誰に聞けば、1.3028~1.412の答えが出ません。おそらく、聞かれた方は1.30~1.40を予想するでしょう。このロジックから、注文するときは、トレーダーが「切りのいい数」を選択し、その結果として、これらの数値内でペアを取引します。

では、チャートを見てみましょう。米ドル指数は、長い間95ドルのレベルを上回ることができませんでした。そして、ブレイクしたときでさえ、そのレベルの上に足掛かりを得ることができませんでした。

usd статья.png

パリティ(1.0000)は最も重要な心理的レベルです。たとえば、2015年~2017年にはトレーダーは、ユーロ/米ドルがパリティを割り込むかどうかを迷っていました。その時、ユーロは1.0350ドルをつけ、下げ止まりました。

•トレンドライン

覚えておくべき最も重要なことは、トレンドラインが様々な取引状況に役立つので、欠かせないツールです。トレンドを把握することは難しくありません。チャートを見てください。相場が長い間上昇/下降しているなら、トレンドです。上昇トレンドラインは安値同士を引きます。一方、下降トレンドラインは高値同士を引きます。

トレンドを見る時は、ラインが水平にならないことを覚えておいてください。また、トレンドラインは、2つ以上の点(2つ以上の高値/2つ以上の安値)を線で結ぶ必要があります。さらに、トレンドラインを引く場合、2番目の点は最初の点から20本~30本のローソク足で離れている必要があります。

相場がトレンドラインに近づくほど、トレンドは強くなります。

では、ニュージーランド・ドル/米ドル(NZD/USD)のチャートを見てみましょう。そこでは、上昇トレンドを見ることができます。必要なのは、各ピークを結ぶようにラインを引くことだけです。その結果、引いたラインは通貨ペアのレジスタンスラインになります。また、目立った安値を結んでラインを引くと、サポートラインになります。下降トレンドの場合は同じテクニックも使用できます。

NZDUSDH4 статья.png

•ピボットポイントインジケーター

インジケーターを実装すると、3つのレジスタンスライン、3つのサポートライン、および値動きの範囲を予測しようというものとなるピボットポイントが表示されます。相場がピボットポイントを超えて上昇したら、強気相場であると考えられます。そうでなければ、弱気相場が予想されます。

レジスタンスラインとサポートラインは、選択した時間枠に応じて資産の正確な目標を示します。ピボットポイントインジケーターの利点は、選択した時間枠の期間が終わるたびにレベルが変わることです。

注:希望の時間枠を選択できますが、週足のピボットポイントを使用することをお勧めします。そうすると、インジケーターが通貨ペアの週ごとの目標を表示するので、長期取引計画を立てることができます。

チャートを見ると、週末に通貨ペアが0.69でサポートラインをブレイクしたことが分かります。しかし、次の0.6850でのサポートラインをブレイクできなく、反転しました。

NZDUSD статья.png

MetaTraderでインジケーターを実装する方法については、記事 をご覧ください。 

•フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントは、レジスタンスラインとサポートラインを設定したり、値動きの可能な範囲を予測するために使用されます。その主な目的は、予測可能な一定割合の反発/反落の後、本来の方向への値動きを続ける、という考えに基づいています。フィボナッチ・リトレースメントでは、「38.2%」「50.0%」、「61.8%」の比率がとても重要視されます。価格がこれらの比率に近づくと、サポートやレジスタンスになることが多くなります。

このツールを実装することは難しくありません。トレンドラインを引くには、意識されている高値を始点として、そこから一番安値に終点を合わせてください。インジケーターの実装方法についての詳しい情報は、ここ を読んでください。

ユーロ/米ドルのチャートを見てみましょう。通貨 ペアが38.2%から反発し、50.0%に上昇していることがわかります。50.0%はユーロ/米ドルのサポートラインになります。

EURUSDWeekly статья.png

小さなヒント:上記の中から一つの手法だけを使う必要はありません。より正確に目標を定めるため、手法を組み合わせることができます。

最後に、サポートラインとレジスタンスラインが収益性の高い取引への鍵だと言うことができます。1つの方法を使うか、いくつかの手法を組み合わせて適用することができます。しかし、リスクを減らし利益を上げるためには必ずそれらを使用すべきです。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera