アジアのセッション取引戦略

アジアのセッション取引戦略

取引行動が取引セッションに適応されなければならないことは極めて明らかです。今日はアジアのセッションで取引の秘密を発見してもましょう。特に、東京の取引セッションの開始時(00時00分 GMT)に適用することをおすすめします。欧米が眠っている間にお金を稼ぐための戦略を考慮してみましょう。

1559895294-f454d0cf8be7b865212ddd8dd2a7972b_1200x1200_q90v3.jpg

ステップ1。豪ドル/円の動きを見てみましょう

アジアの取引時間中のボラティリティが低いため、豪ドル/円の通貨ペアを選択することをおすすめします。このペアはアジアのセッション中に最もボラティリティの高いペアの一つです。ただし、豪ドル/NZドルやNZドル/円などの通貨ペアを選択することもできます。午前0時00分(MT時間)まで、通常、ボラティリティはかなり低いです。なぜなら、アメリカのトレーダーだけが12時00分~21時00分(GMT時間)の間にアクティブになっているからです。21時00分(GMT時間)以降、オーストラリアのトレーダーは市場にエントリーしますが、ボラティリティはまだ低いです。M5チャートでは、22時00分~00時00分(GMT時間)の間の安定期を待つ必要があります。トレンド相場の場合は、この戦略は考慮されません。

ステップ2。全体的なトレンドを見極めてブレイクアウトを待ちましょう。

トレンド方向へのブレイクアウトは、より長持ちする可能性が高いため、より良いです。ブレイクアウトは00時00分(GMT時間)まで起こらないかもしれませんが、何も問題はありません。実際、アジアのセッション中にブレイクアウトが確実に起こるのです。しかし、ダマシブレイクアウトに直面する可能性もあります。

ダマシブレイクアウトを避ける方法

アジアのセッション中は、取引量が非常に小さいため、ローソク足がレンジをブレイクしたらすぐにポジションを開くことはおすすめできません。ブレイクを確認するには次のローソク足を待って、ローソク足の始値でポジションを開く方が良いです。例を見てみましょう。今回はMetaTraderの時間(取引プラットフォームの時間)*を使用します。5月31日に、M5チャートで00時20分(MT時間、21時20分GMT時間)以降は豪ドル/円の安定化を見ました。2時30分に下へのブレイクが発生しました。次のローソク足が前のローソク足より低く閉じるのを待ち、前の安値より低く、75.62で売りポジションを開きました。ストップロスを75.66(レジスタンスラインより高い)に置き、テイクプロフィットを75.47(サポートラインより高い)に設定します。

1-(2) (1).jpg

重要なヒントです。すべての利益をあまりにも早く受け取りたくないかもしれません。この場合、反転の場合のストップロス注文をゆっくりとトレーリングしながら、徐々に利益を食い込むことができます。

まとめ

上記の戦略は、レンジが東京の取引時間前に発生した場合にのみ有効です。このような安定期は一般的であり、あなたに保証された利益をもたらすことができます。

*MT時間は夏時間GMT+3です。欧州が秋に冬時間(標準時)へ切り替えて時計の針を1時間戻して調整すると、MT時間も変わります。これにより、MT時間は冬時間GMT+2になります。

同様

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera