中国のGDP ・鉱工業生産

中国のGDP ・鉱工業生産

最近、S&P グローバル・レーティングは中国のソブリン格付けを引き下げました。その結果、市場は中国の主要なデータ(GDP ・鉱工業生産)に非常に細心の注意を払っています。 このデータは10月19日5時00分 (MT時間) に発表されます。 
中国の国内総生産(GDP)は、2014年に7.3%、2015年に6.9%、昨年に6.7%増加しました。 アジア地域の経済成長は減速しています。 
中国の発表は豪ドルとニュージーランド・ドルに強い影響を与えるでしょう。 指標が落胆すると、これらの通貨に悪影響を及ぼすでしょう。 一方、日本円は反対の方向を示すでしょう。 

同様

カナダのCPIおよび小売売上高

11月17日15時30分(MT時間)にカナダは10月のCPIおよび小売売上高を公表する予定です。これは加ドルの大変動を引き起こします。

米国CPI

11月15日15時30分(MT時間)に10月の米・消費者物価指数は公表されます。 

英国CPI

現在、英国のインフレ率はイングランド銀行の2%を上回っています。 9月には、インフレは3%水準を上回り、5年以上ぶりの最高水準を記録しました。 

人気のある記事

欧州中央銀行の会合

トレーダーは、10月26日の欧州中央銀行の会合を待ちわびています。欧州中央銀行は14時45分 (MT時間) に金融政策を公表します。そして、マリオ・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は15時30分 (MT時間) に記者会見を開きます。 

RBA ミーティング

オーストラリア準備銀行(RBA) の政策は、豪ドルの主要な促進力です。 中央銀行は、11月7日5時30分(MT時間)に、金融政策決定に発表します。 

魅力的なプロモーション

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。