USD/JPY Dailyレポート 2018/02/21

USD/JPY Dailyレポート 2018/02/21

日足から分析する現在の状態

USD/JPYは105円後半から下ヒゲをつけてから、反発していましたが、昨日は106円から106円後半まで戻しました。

直近のサポートラインとレジスタンスラインは下記です。

レジスタンス:114.73円

サポートライン:106.05円

2018/02/20のNY時間の分析(1時間足)

ドル円は米10年債利回りが2.92%台まで水準を上げたことを受け107.37円まで上昇した後、ダウ平均が25000ドルを割り込んだ局面では107.08円前後まで反落した

前日のNY時間の高値は107.37円、安値は107.06円となり、米・加休場で取引参加者が乏しく値動きは限定的でした。

2018/02/21の戦略

トレンドライン・サポートラインを15分足で引いて、戦略を立てる。

107.40円を超えたら、買いで入り107.70円を目途に、10pips前後を目標とする。

別のシナリオとして、107.20円を割ったら、売りで入り、107.00円を目途に10pips前後を目標とする。

ドル円 オーダー

109.00円 売り、OP23日NYカット大きめ

108.93円 OP22日NYカット大きめ

108.89円 OP23日NYカット

108.85円 OP22日NYカット

108.00円 売り

107.70-80円 断続的に売り

107.50円 売り、OP22日NYカット大きめ

107.40円 OP23日NYカット

107.33円 2/21 1:00現在(MY4)

107.00円 OP21NYカット・26日NYカット大きめ

106.50円 割り込むとストップロス売り

106.30円 買い

106.00円 買い、OP22日NYカット

105.00円 買い厚め、OP26日NYカット

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2018/02/21

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
21 (水) 13:30 日本

12月全産業活動指数(前月比)

17:00 南アフリカ

1月消費者物価指数(CPI)(前年同月比)

17:00 南アフリカ

1月消費者物価指数(CPI)(前月比)

18:00 ユーロ圏

2月製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)

18:00 ユーロ圏

2月サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)

18:30 英国

12月失業率(ILO方式)

18:30 英国

1月失業保険申請件数

18:30 英国

1月失業率

21:00 米国

MBA住宅ローン申請指数(前週比)

24:00 米国

1月中古住宅販売件数(前月比)

24:00 米国

1月中古住宅販売件数(年率換算件数)

28:00 米国

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

同様

CAD/JPY テクニカル分析 2018/12/10

・CAD/JPYは、12/03に高値 86.23円を付けてからは急激に反転し、一時、83.55円まで値を下げましたが底値から反発し84円後半で先週末はクローズされました。

USD/JPY 週間マーケットレポート 2018/12/10 ~2018/12/14

この週のUSD/JPYは月曜日にローソク足でトンボが形成されてからは上昇から下降へと転機し112円前半まで値を下げ反発もしましたが、金曜日に上影陽線が形成されたので下落への転換の示唆の可能性があります。

最新ニュース

USD/JPY Dailyレポート 2018/02/22

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera