USD/JPY 週間マーケットレポート 2019/02/25 ~2019/03/01

USD/JPY 週間マーケットレポート 2019/02/25 ~2019/03/01

先週の相場のポイント 2019/02/18 ~2019/02/22

この週のUSD/JPYは110円~111円の間の狭い範囲で推移したことで上値も重たく、下値も限定的でしたがADXは25を超えているのでトレンドが発生する可能性があります。

ドル円の動きの背景には下記の要因が考えられます。

02/18:米国市場が休場のためドル円は終日薄商いになり値動きは殆どありませんでした。

02/19:ドル円は鈍化状態の相場が続き、値動きは約40Pipsと限定来な動きが続きました。。

02/20:FOMC議事録では、予想されたほど「ハト派色」が強くなくドル円は110.94円まで上昇しましたが上値は限定的でした。

02/21:ドル円は米経済指標の悪化で売られたものの、110円台半ばまでで、高値も110.85円前後と膠着相場が続いた。

02/22:米10年債利回りが一時2.63%台半ばまで低下幅を拡大したことを受けて、ドル円は110.55円まで下落したが米中通商協議の結果を見極めたいこともあって、下値は限定的でした。

今週の主な経済指標発表

・02/26 24:00:(米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

・02/27 24:00:(米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、発言

・02/28 22:30:(米) 10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値) [前期比年率]

・02/28 22:30:(米) 10-12月期 四半期GDP個人消費・速報値 [前期比]

・03/01 19:00:(欧) 2月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]

・03/01 23:30:(加) 10-12月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比年率]

・03/01 23:30:(加) 12月 月次国内総生産(GDP) [前月比]

・03/01 23:30:(加) 12月 月次国内総生産(GDP) [前年同月比]

・03/01 23:30:(米) 12月 個人消費支出(PCEデフレーター) [前年同月比]

・03/01 23:30:(米) 12月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]

・03/01 23:30:(米) 12月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前年同月比]

・03/01 24:00:(米) 2月 ISM製造業景況指数

今週の戦略 2019/02/25 ~2019/03/31

111円~110円の間で推移する可能性が高いが、3月1日の週末には重要な経済指標の発表があること、月末、月初のため大きく相場が動く可能性があります。

・買いの場合:111.10円を超えた場合は、買いでポジションを持つことを検討する。

・売りの場合:110.20円を割った場合は、売りでポジションを持つことを検討する。

同様

XAU/USD テクニカル分析 2019/07/23

18日にはニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が低金利時の追加の景気刺激策について言及した事を受けてさらに上昇し、1448$まで値を伸ばしました。

最新ニュース

CAD/JPY Trade Signal 2019/01/29

2019/01/29 に82.20円付近まで下げた後から反発して82.60円付近まで値を伸ばしましたが、4時間足の移動平均線のEMA200付近で押し戻されています。

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera