USD/CAD テクニカル分析 2017/10/29

USD/CAD テクニカル分析 2017/10/29

最近の動向

・カナダ銀行(中央銀行)は25日、政策金利である翌日物金利の誘導目標を年1.00%で据え置くと発表した

・2017/08/15に高値 1.2776$を2017/10/25に超えて更に上昇。

・2017/10/27の高値 1.29115$を付けてからは急激に下落

USD/CAD 日足テクニカル分析

日足でみると直近の安値は2017/09/08の1.2060$で、この値がサポートラインとなって上昇に転機した。

また、SMA100を超えて上昇し、レジスタンスとなっている2017/08/15の高値1.2776$を超え、更に上昇が続いたが、2017/10/27の高値 1.29115$を付けてからは急激に下落。

フィボナッチ・エクステンションを2017/08/15の高値 1.2776$から2017/09/08の安値1.2060$へ引くと、

ターゲットとしては、フィボナッチ127.2%付近であることがわかる。

しかし、この127.2%付近の1.2943$は、2017/07/12の高値1.2938$をつけてから下落しているポイントであり、レジスタンスにもなっていたので、その値を超えることが出来ず下落してしまった。

USD/CAD 4時間テクニカル分析

上昇トレンドラインは割っていないが、レジスタンスとなっていた2017/08/15の高値1.2776$が今後のサポートラインになると推測します。

このサポートラインを維持できれば再度、上昇する可能性が出てきます。

レジスタンスライン1:1.2915

サポートライン1:1.2776

今後の展開

・サポートラインの1.2776$を維持できれば再度、上昇する可能性がある。

・上昇トレンドラインを割った場合は、SMA100付近までは下げる可能性がある。

・中期的には上昇トレンドを維持し、1.3180付近まで上昇していく可能性はあります。

同様

USD/JPY Dailyレポート 2017/11/22

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

人気のある記事

USD/JPY Dailyレポート 2017/05/17

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

USD/JPY Dailyレポート 2017/10/19

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

魅力的なプロモーション

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。