EUR/USD テクニカル分析 2018/06/06

EUR/USD テクニカル分析 2018/06/06

これまでの動向

・EUR/USDは2018/04/19から下落が約1カ月ほど続きましたが1.1507$を底値として反発しました。、

・5月29日に短期的には安値を見たと考えて良さそうですがそろそろ戻しの限界の可能性も視野に入れる必要があります。

EUR/USD日足 分析

EUR/USDは、先週付けた安値 1.1507$が底値となり反発し、今週は上値を伸ばしてユーロ買いが強まり、東京時間19:00現在は1.1779$と5月下旬以来の高値での取引となっています。

また、ECB理事のバイトマンドイツ連銀総裁が「年末までにECBの資産購入プログラムが終了するという市場の期待はもっともらしい」とビデオメッセージを送ったことからユーロドルは急伸しています。

現在のローソク足は、一目均衡表の雲下限に位置し、基準線よりも下、転換線よりも下に位置しているが現在、基準線の付近で推移していることから基準線をブレイクするか、押し戻されるかに注目。

EUR/USD 4時間足分析

4時間足で見ると、2018/05/30の安値 1.1516$から値を伸ばし上昇トレンドラインが形成され、SMA100もブレイクしました。

また、1.1750$のレジスタンスを超えたことで次のレジスタンスラインの1.1830$が視野に入ってきたので調整が入りながら上昇が継続するか相場の状況を見定めたい。

上昇トレンドラインを割り込むと1.1660$付近まで下がる可能性は視野に入れる必要がある。

今後の展開

・1.1830$のレジスタンスラインを目指し買い圧力が継続するか否か。

・上昇トレンドラインを割り込んだ場合は調整が入り、どこまで下がるか見定める必要があります。

ユーロ オーダー

1.1900ドル 売り

1.1850ドル 売り

1.1825ドル OP6日NYカット大きめ

1.1810ドル 売り厚め

1.1800ドル 売り、OP6日NYカット大きめ

1.1793ドル 6/6 16:00現在(MT4)

  1.1650-60ドル 断続的に買い(1.1650ドル OP6・8日NYカット)

1.1600ドル 買い、OP6・7日NYカット

1.1500-20ドル 断続的に買い

1.1490ドル 割り込むとストップロス売り大きめ

同様

USD/JPY Dailyレポート 2018/09/25

USD/JPYは、112.83円まで上昇しましたが、月曜日の高値 112.86円までは届きませんでしたが、以前、上昇トレンドラインより上で推移しています。

USD/JPY Dailyレポート 2018/09/24

USD/JPYは、月曜日の窓開けから112.38円までさがり金曜日の終値を割り込みましたが112.60円付近まで反発し金曜日の終値を超えました。

最新ニュース

USD/JPY Dailyレポート 2017/05/19

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera