EUR/USD テクニカル分析 2017/12/19

EUR/USD テクニカル分析 2017/12/19

これまでの動向

・EUR/USDは1.1850のレジスタンスを超えることが出来ずに、下落へと転じた。

・日足では三角持合いが形成されているので、だましにきおつける必要がある。

EUR/USD日足 分析

日足では、2017/11/27の高値 1.1961を付けてからは下降に転じている。

また、下降トレンドラインが形成されてからは、下落が継続しているが、レジスタンスの1.1850を超えることが出来なかったことで更に下降する可能性がある。

しかし、チャートを見ると、三角持合いが形成されているので、どちらにでも動く可能性があるので、だましにはきおつける必要がある。

EUR/USD 4時間足分析

4時間足では、1.1850と1.1710の間で値動きしているが、数回上値を試しているが、全て失敗に終わっている。

直近のサポート&レジスタンスとしては、

レジスタンスライン:1.1850

サポートライン:1.1710

直近では、2回ほど、上値を試したが、上ヒゲが出て、上値を抑えられているのがわかります。

また、SMA100よりも下で推移して、且つ、SMA200より上に位置しているがSMA200を割った場合は、直近の安値 1.1710を目指す可能性がある。

RSIを見ても、勢いがなく、どちらに動いてもおかしくない状態なので、この状況を抜けるには何かしらのファンダメンタルズ要素が必要。

ユーロ オーダー

1.1990ドル 売り

1.1950-60ドル 断続的に売り

1.1890-900ドル 断続的に売り

1.1850-70ドル 断続的に売り

1.1794ドル 12/19 08:00現在(MT4)

1.1775ドル OP19日NYカット

1.1720-30ドル 断続的に買い

1.1700-10ドル 買い・ストップロス売り混在(1.1700ドル OP20日NYカット)

1.1650ドル 買い

1.1600ドル 買い

同様

USD/JPY Dailyレポート 2018/01/23

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

人気のある記事

USD/JPY Dailyレポート 2017/07/11

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

魅力的なプロモーション

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera