EUR/JPY テクニカル分析 2018/01/10

EUR/JPY テクニカル分析 2018/01/10

これまでの動向

・EUR/JPYはボックスを形成し推移していましたが、高値136.64を更新してからは調整に入った。

・今後さらなる下落を防ぐためには、134.50より上で推移する必要がある。

EUR/JPY 日足分析

2017/10/25 高値 134.49円を付けたあとから、ボックスを14週形成していたが、2017/12/27にボックスを上抜けてからは上昇を続け136.64円を更新しました。

しかし、136円台を更新したあとは、値を下げて134円台まで下げました。

今後、さらなる上昇をするためには134.50円を維持する必要がある。

また、134.50円を維持出来ない場合は、132円台まで下落する可能性があります。

EUR/JPY 4時間足分析

4時間足ではレジスタンスラインの134.50円を抜けてからは上昇が続きましたが、136.64円を更新したあとは上昇トレンドラインが形成されたが、現在は上昇トレンドラインを割って大幅に下落しています。

前回のレジスタンスラインの134.50円は4時間足のSMA100になるので、この値を維持出来るか否かが今後のポイントとなります。

SMA100より上で推移すれば、再度、高値を目指す可能性がありますが、逆に、維持出来ない場合は、一旦、133.70円付近まで下げる可能性があります。

ファンダメンタルズでは、直近で欧州委員会より2017年12月期のユーロ圏消費者信頼感指標が発表されましたが、市場予測114.8を上回り、前回値114.6から116.00への上昇となりました。 しかし、ユーロに対する市場心理の改善にはつながらず、ユーロは弱含みとなり、対ドルで売りが先行しました。

今後の展開としては、

まずは、134.50円を維持出来るか否かがポイントとなります。

SMA200を割ることがあれば更に下落する可能性があります。

ユーロ オーダー

136.50-60円 断続的に売り

136.25円 OP10日NYカットやや小さめ

136.20円 売り

136.00円 売り

134.42円 1/10 01:00現在(MT4)

133.80-4.00円 断続的に買い

133.00円 買い

同様

USD/JPY Dailyレポート 2018/08/17

USD/JPYは、先日に引き続き、110.50円付近まで下げましたが再度、そこから反発し、一時は111円を超えましたが押し戻されて110.87円でクローズされました。

USD/JPY Dailyレポート 2018/08/16

USD/JPYは、アジア時間には111円半ばまで値を伸ばしましたが、NY時間で大幅に下落し111円を割り込み、110円半ばまで一時値を下げました。

人気のある記事

USD/JPY Dailyレポート 2017/07/11

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera