BTC/USD テクニカル分析 2018/12/13

BTC/USD テクニカル分析 2018/12/13

最近の動向

・BTC/USDは先週3263$の安値を付けてからは数回、下値をトライしましたが下支えされ、この値を未だ割り込んでいません

・週足では十字線が形成された後、陰の寄付き坊主が形成されているので下降の勢いが強いことを示しています。。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:3750$

サポートライン1:3260$

BTC/USDを日足で分析すると、

先週金曜日には3306$から3749$まで一時、反発しましたが、今週に入り先週の高値を超えることが出来ず、高値を徐々に切り下げながら下落しています。

一目均衡表では、先週から転換線より下でローソク足が推移していることから以前、下降トレンドが継続しています。

また、ADXを見た場合、ADXの角度は右肩下がりになっていますが、以前、40を超えていることから強いトレンドが発生していることが分かります。

上昇への転換点としては、一目均衡表の転換線が位置し、且つ、直近高値の3750$を日足の終値で超えない限りは上昇の余地はないと推測します。

BTC/USD 4時間テクニカル分析

4時間足で分析すると、

3260$の底値を付けてからは、少しづつではありますが、底値を切り上げてきて一目均衡表の基準線と転換線を現在上抜けました。

しかし、現在の値は一目均衡表の雲下限から雲中へと突入していましたが、雲を抜け切ることが出来ず、雲下限に押し戻されています。

MACDの値は徐々に0ラインに近づいてきているので、この値がプラス領域へと値を伸ばしていけば上昇の余地が少しは出てきます。

直近ではビットコインは1.5%下落、リップルは0.06%の下落、イーサリアムは2%の下落となっていることから仮想通貨全般に関する悲観的な意見も増えてきています

また、ETFの認可やICOの規制など金市場や行政サイドのうごきが、仮想通貨の上値妨げとなっていることも事実です。

今後の展開として

・週足の移動平均線のSMA200で下支えされているのでこのラインがサポートラインとして機能すれば反発する余地がある。

・仮想通貨に対しての悲観的なニュースが目に付くので肯定的なニュースが出た場合は、大きく反発する可能性もある。

同様

GBP/JPY テクニカル分析 2019/03/22

一時、149円手前まで値を伸ばしていましたが、上値は重たく、147.50円のサポートライン付近で下支えされながら推移していましたが・・

最新ニュース

USD/JPY Dailyレポート 2018/02/22

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera