週間マーケットレポート 2017/08/28 ~2017/09/01

週間マーケットレポート 2017/08/28 ~2017/09/01

先週の相場のポイント 2017/08/21 ~2017/08/25

108.80円付近のサポートラインを何とか維持しながらレンジ相場が続きました。

ドル円の動きの背景には下記の要因が考えられます。

08/21:年次シンポジウムに投資家の注目が集まる中、北朝鮮情勢を巡る地政学的緊迫感が高まり、ドルを売る動きが優勢になった

08/22:欧州の経済指標が予想より弱かったことや、米ワイオミング州ジャクソンホールで開催される経済シンポジウムを控えた持ち高調整の動きから、ユーロ売り/ドル買いとなった。

08/23:トランプ米大統領がメキシコ国境での壁建設で必要なら政府閉鎖も辞さないと示唆し、北米自由貿易協定(NAFTA)破棄の可能性に言及したことでドル円は下がった。

08/24:長期金利の上昇を背景に109.60円まで上昇しました。経済指標が予想を下回ったことでドルが売られる場面もあったが、109円半ばで引けました。

08/25: 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が一部予想に反し、ユーロ高に懸念を示さなかったことを受け、ユーロが対ドルで約2年ぶり高値水準をつけた

■日足チャート■

20170826-weekly-D1

今週の戦略 2017/08/28 ~2017/09/01

下記に注意しながら戦略を検討、

・08/30 21:15:(米) 8月 ADP雇用統計 [前月比]

・08/30 21:15:(米) 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比年率]

・08/31 18:00:(欧) 8月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]

・08/31 21:30:(加) 4-6月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比年率]

・08/31 21:30:(加) 6月 月次国内総生産(GDP) [前月比]

・08/31 21:30:(米) 7月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く) [前月比]

・09/01 21:30:(米) 8月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]

・09/01 21:30:(米) 8月 失業率

戦略としては、 売りの場合: 108.80円を割ったら売りでポジションを持つことを検討する。

買いの場合:下降トレンドラインを超えたら、買いポジションを持つことを検討する。

FX 為替 ドル/円オーダー

111.50円 売り

111.10-20円 断続的に売り

111.00円 売り厚め、OP29日NYカット大きめ

110.90円 売り 110.50円 売り

110.30円 売り

110.00-10円 断続的に売り

109.36円 8/26 00:00現在(MT4)

109.00円 買い 108.70-90円 断続的に買い

108.50円 買い・割り込むとストップロス売り

108.40円 買い

108.20円 買い

108.00円 買い・割り込むとストップロス売り

107.80円 買い

107.50円 買い

20170826-weekly-H4

日足 4時間足 1時間足
20170826-weekly-D1-kumo 20170826-weekly-H4-kumo 20170826-weekly-H1-kumo
様子見 売り 売り

日足の戦略

下降トレンドラインを超えたら、買いでポジションを持つことを検討する。

4時間足の戦略

SMA20で戻り売りのポジションを探して、売りでポジションを持つことを検討する。

1時間足の戦略

SMA200を超えたら買いでポジションを持つことを検討する。

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2017/08/28~2017/09/01

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
28 (月) 17:00  ユーロ圏

7月マネーサプライM3(前年同月比) 

     
29 (火) 8:30  日本

7月有効求人倍率 

     
  8:30  日本

7月全世帯家計調査・消費支出(前年同月比) 

     
  8:30  日本

7月失業率 

     
  21:30  カナダ

7月鉱工業製品価格(前月比) 

     
  21:30  カナダ

7月原料価格指数(前月比) 

     
  22:00  米国

6月ケース・シラー米住宅価格指数 

     
  22:00  米国

6月ケース・シラー米住宅価格指数(前年同月比) 

     
  23:00  米国

8月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 

     
30 (水) 7:45  ニュージーランド

7月住宅建設許可件数(前月比) 

     
  8:50  日本

7月小売業販売額(前年同月比) 

     
  8:50  日本

7月百貨店・スーパー販売額(既存店)(前年同月比) 

     
  10:30  豪州

7月住宅建設許可件数 (前月比) 

     
  15:00  南アフリカ

7月マネーサプライM3(前年同月比) 

     
  16:00  スイス

8月KOF景気先行指数 

     
  17:30  英国

7月マネーサプライM4(前月比) 

     
  17:30  英国

7月マネーサプライM4(前年同月比) 

     
  17:30  英国

7月消費者信用残高 

     
  18:00  ユーロ圏

8月消費者信頼感(確定値) 

     
  20:00  米国

MBA住宅ローン申請指数(前週比) 

     
  21:15  米国

8月ADP雇用統計(前月比) 

     
  21:30  米国

4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、改定値)(前期比年率) 

     
  21:30  カナダ

4-6月期四半期経常収支 

     
31 (木) 8:50  日本

7月鉱工業生産・速報値(前月比) 

     
  10:00  ニュージーランド

8月NBNZ企業信頼感 

     
  10:00  中国

8月製造業購買担当者景気指数(PMI) 

     
  14:00  日本

7月新設住宅着工戸数(前年同月比) 

     
  18:00  ユーロ圏

7月失業率 

     
  18:00  ユーロ圏

8月消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比) 

     
  18:30  南アフリカ

7月卸売物価指数(PPI)(前年同月比) 

     
  18:30  南アフリカ

7月卸売物価指数(PPI)(前月比) 

     
  19:00  日本

外国為替平衡操作の実施状況(介入実績) 

     

同様

CAD/JPY テクニカル分析 2018/12/10

・CAD/JPYは、12/03に高値 86.23円を付けてからは急激に反転し、一時、83.55円まで値を下げましたが底値から反発し84円後半で先週末はクローズされました。

USD/JPY 週間マーケットレポート 2018/12/10 ~2018/12/14

この週のUSD/JPYは月曜日にローソク足でトンボが形成されてからは上昇から下降へと転機し112円前半まで値を下げ反発もしましたが、金曜日に上影陽線が形成されたので下落への転換の示唆の可能性があります。

最新ニュース

USD/JPY Dailyレポート 2017/05/19

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera