週間マーケットレポート 2017/07/17 ~2017/07/21

週間マーケットレポート 2017/07/17 ~2017/07/21

先週の相場のポイント 2017/07/10 ~2017/07/14

週明けから買いが優勢で、114円台に乗せたが、そのあとはトレンドラインを割って下落した。

ドル円の動きの背景には下記の要因が考えられます。

07/10:ドル円の動きは限定的、明日のイエレン議長の証言を待つ姿勢が強まった

07/11:ドル円は金利差に着目したドル買いが続き、一時は114.50円付近まで上昇したが、金利が低下したこと、トランプ大統領の長男の問題で、ドル売り円買いが強まり下落し、113.70円付近までドル安が進んだ。

07/12:イエレンFRB議長が議会下院の証言で、インフレ率の不確実性を指摘したことで下落。一時は113円を割り込んだが、113円前半まで値を戻した。

07/13:この日はクロス円が取引の中心だったこともありドル円は小動き。前日、112円台後半までドル安が進んだが、113円台前半から半ばで推移した。

07/14:対円では約2週間ぶりの安値に沈んだ。 朝方発表された6月の米消費者物価指数(CPI)、小売売上高統計が市場予想に届かず 、米連邦準備理事会(FRB)が年内に追加利上げに踏み切れるかなどの要因で、ドルがほぼ全面安となった。

■日足チャート■ 20170715-weekly-D1

今週の戦略 2017/07/17 ~2017/07/21

下記の経済指標の発表には注意が必要です。

・07/17 11:00:(中) 4-6月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]

・07/17 18:00:(欧) 6月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]

・07/20 未定:(日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表

・07/20 未定:(南ア) 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利

・07/20 20:45:(欧) 欧州中央銀行(ECB)政策金利

・07/20 21:30:(欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見

戦略としては、

売りの場合: 112円を割ったら、売りでポジションを持つことを見当する。

買いの場合:113円を回復したら、買いポジションを持つことを見当する。

FX 為替 ドル/円オーダー

115.00円 売り厚め、OP17日NYカット

114.90円 売り

114.60円 超えるとストップロス買い大きめ

114.50円 売り・超えるとストップロス買い

114.30円 売り

113.70-4.00円 断続的に売り(114.00円 OP14日NYカット大きめ・21日NYカット)

113.00円 買い、OP21日NYカット

112.52円 7/14 00:00現在(MT4)

112.70-90円 買い・ストップロス売り混在

112.25円 OP18日NYカット

112.00円 買い

111.50円 買い

20170715-weekly-H4

日足 4時間足 1時間足
20170715-weekly-D1-kumo 20170715-weekly-H4-kumo 20170715-weekly-H1-kumo
買い 買い 売り

日足の戦略

SMA200付近で押し目買いのポイントをさがし、買いでポジションを持つことを検討する。

4時間足の戦略

SMA200を割ったら売りでポジションを持つことを検討する。

1時間足の戦略

売り:112.20を割ったら、売りでポジションを持つことを見当する。 買い:下降トレンドラインを超えたら、買いでポジションを持つことを見当する。

FX 為替:経済指標発表スケジュール 2017/07/17~2017/07/21

日付 時刻 内容 前回 予想 結果
17 (月) 11:00  中国

6月鉱工業生産(前年同月比) 

     
  11:00  中国

4-6月期四半期国内総生産(GDP)(前年同期比) 

     
  11:00  中国

6月小売売上高(前年同月比) 

     
  21:30  米国

7月ニューヨーク連銀製造業景気指数 

     
  21:30  カナダ

5月対カナダ証券投資額 

     
18 (火) 7:45  ニュージーランド

4-6月期四半期消費者物価(CPI)(前期比) 

     
  10:30  豪州

豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表 

     
  17:30  英国

6月卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)(前年同月比) 

     
  17:30  英国

6月消費者物価指数(CPI)(前年同月比) 

     
  17:30  英国

6月小売物価指数(RPI)(前月比) 

     
  17:30  英国

6月小売物価指数(RPI)(前年同月比) 

     
  17:30  英国

6月消費者物価指数(CPI)(前月比) 

     
  18:00  ユーロ圏

6月消費者物価指数(HICP、改定値)(前年同月比) 

     
  18:00  ユーロ圏

7月ZEW景況感調査 

     
  21:30  米国

6月輸入物価指数(前月比) 

     
  21:30  米国

6月輸出物価指数(前月比) 

     
  23:00  米国

7月NAHB住宅市場指数 

     
  29:00  米国

5月対米証券投資(短期債除く) 

     
19 (水)   日本

日銀・金融政策決定会合(1日目) 

     
  17:00  南アフリカ

6月消費者物価指数(CPI)(前年同月比) 

     
  17:00  南アフリカ

6月消費者物価指数(CPI)(前月比) 

     
  18:00  ユーロ圏

5月建設支出(前月比) 

     
  18:00  ユーロ圏

5月建設支出(前年同月比) 

     
  20:00  米国

MBA住宅ローン申請指数(前週比) 

     
  20:00  南アフリカ

5月小売売上高(前年同月比) 

     
  21:30  米国

6月建設許可件数(前月比) 

     
  21:30  米国

6月住宅着工件数(年率換算件数) 

     
  21:30  米国

6月住宅着工件数(前月比) 

     
  21:30  米国

6月建設許可件数(年率換算件数) 

     
  21:30  カナダ

5月製造業出荷(前月比) 

     
20 (木)   日本

日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表 

     
    南アフリカ

南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利 

     
  8:50  日本

6月貿易統計(通関ベース) 

     
  10:30  豪州

6月新規雇用者数 

     
  10:30  豪州

6月失業率 

     
  13:30  日本

5月全産業活動指数(前月比) 

     
  15:00  スイス

6月貿易収支 

     
  15:30  日本

黒田東彦日銀総裁、定例記者会見 

     
  17:00  ユーロ圏

5月経常収支 

     
  17:30  英国

6月小売売上高指数(前月比) 

     
  20:45  ユーロ圏

欧州中央銀行(ECB)政策金利 

     
  21:30  米国

前週分新規失業保険申請件数 

     
  21:30  米国

7月フィラデルフィア連銀製造業景気指数 

     
  21:30  ユーロ圏

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、定例記者会見 

     
  23:00  米国

6月景気先行指標総合指数(前月比) 

     
  23:00  ユーロ圏

7月消費者信頼感(速報値) 

     
21 (金) 8:50  日本

前週分対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 

     
  8:50  日本

前週分対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 

     
  21:30  カナダ

5月小売売上高(前月比) 

     
  21:30  カナダ

5月小売売上高(除自動車)(前月比) 

     
  21:30  カナダ

6月消費者物価指数(CPI)(前月比) 

     
  21:30  カナダ

6月消費者物価指数(CPI)(前年同月比) 

     

同様

EUR/JPY テクニカル分析 2018/12/06

・EUR/JPYは約1ヶ月の間127.50円~129.30円の間で推移しています。これはユーロ/ドルが小幅に上昇した一方、ドル/円が小幅に下落したためです。

CAD/JPY テクニカル分析 2018/12/10

・CAD/JPYは、12/03に高値 86.23円を付けてからは急激に反転し、一時、83.55円まで値を下げましたが底値から反発し84円後半で先週末はクローズされました。

USD/JPY 週間マーケットレポート 2018/12/10 ~2018/12/14

この週のUSD/JPYは月曜日にローソク足でトンボが形成されてからは上昇から下降へと転機し112円前半まで値を下げ反発もしましたが、金曜日に上影陽線が形成されたので下落への転換の示唆の可能性があります。

最新ニュース

USD/JPY Dailyレポート 2017/05/19

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera