日本円はもう避難通貨ではいのか?

日本円はもう避難通貨ではいのか?

不安定な世界経済にもかかわらず、日本円が高くなりません。 6月末以来、日本円は他の通貨に対して売られています。 避難通貨には何が起こっていますか? 多分、日本円はもはや避難通貨ではないでしょうか? 確認してみましょう。

日本円は、世界のどこかで危機が起こった時に買われる安全通貨でした。 先週、米国大統領が新たな対中関税リストが署名したと発表しました。 トランプ大統領はEU貿易に関する否定的なコメントを止めず、中国の経済成長は減速して、世界経済成長を脅かします。 しかしながら、円安が続けています。 7月17日、米ドル/日本円は、2018年1月初めの水準まで上昇しました。

なぜこのようなことが日本円に起こっているのですか?

米ドルに対する円安の重大な原因は、米国経済です。 強い米国の経済指標が米ドル需要を増加させます。

もう一つの重要な原因は、タカ派の連邦準備制度理事会(FRB)とハト派の日銀です。 投資家が金利の高い通貨に投資します。 FRBが既に政策金利を2回引き上げ、今年はまた2回引き上げるつもりであることは秘密ではありません。 同時に日本銀行は量的金融緩和政策を進めています。

結果として、米ドルは日本円よりも強いです。 さらに、米ドルも安全通貨とみなされることを覚えておく必要があります。 米ドルも日本円も避難通貨ですが、FRBの金融政策のために米ドルがより安全な通貨として評価されるので、米ドルは高くなります。

なお、テクニカル側面を見てみましょう。

これまで、その通貨ペアは1月初めからの最高水準113円を狙っています。 米ドルが上昇を続ける場合、通貨ペアは113円を上回る可能性があります。 さらなるレジスタンスラインは113.40円と113.75円にあります。 米ドルが低下する場合、サポートラインは111.40円にあります。

USDJPYDaily.png

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、近い将来、米ドルは113円前半を推移すると予想しています。 米中貿易関係改善が見られるかもしれませんが、それは通貨ペアに大きな影響を与えません。 日本の対外投資が米ドル/日本円を引き上げることが予想されます。

トムソンロイターIFRマーケッツは米ドル/日本円に関する113.40円と113.75円の見通しを与えます。

日本円はチャンスがありませんか?

楽観的に見ましょう。 米ドルは強いですが、モルガン・スタンレーやロイズなどの機関は、近い将来に米国通貨が弱くなると予測しています。 モルガン・スタンレーは、今年8月に米ドルの逆転現象が起こり、2019年後半に米ドルが大幅に落下すると予測しています。 当行は12か月以内に米ドルの価格が88.00円~101.00円である予測しています。 ペアの落下の理由は、2018年後半における米国のイールドカーブのフラット化と資産ボラティリティの上昇です。 それは日本の投資家が海外への投資を削減する理由になることができます。 投資家は投資を日本円に置き換え、その結果、日本円レートを支持します。 

ロイズも日本円に対し楽観的です。 市場が今年のFRBの利上げを期待しているにもかかわらず、中央銀行は中立姿勢を維持しようとするため、米ドルの上昇が限られているでしょう。 その結果、日本円は回復するチャンスを得るでしょう。 ロイズ銀行は、2018年末に米ドルが108円で、2019年末に103円になると予測しています。

最後に、日本円が今も避難通貨であると言えます。 円安の理由は、日本銀行の金融緩和政策と投資家が最も好むドル高です。 しかし、日本通貨の見通しは楽観的です。 米ドルの弱さは日本円を引き上げるでしょう。

同様

最新ニュース

USD/JPY Dailyレポート 2017/05/19

毎朝、NY時間の振り返りとその日の戦略となるポイントをお伝えします。 基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります

ローカル支払い方法を用いて、入金しましょう

折り返し電話

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

エラー。後ほどお試しください。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera