ドル円(USD/JPY) テクニカル分析 2022/08/18

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析 2022/08/18

2022-08-18 ・更新

ドル円(USD/JPY) テクニカル分析

■ドル円を4時間足で分析すると

週明けに一時、132.80円を割り込んだがそこから反発したことで2日間続伸し一時、135.50円まで上昇した。

これは8月8日に付けた高値 135.85円に迫る勢いでした。

上昇の要因としては、7月米小売売上高の結果を好感したこと、米長期金利が上昇傾向を維持していることも相場の支援材料となったことが要因。

しかし、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公表され、「ある時点で利上げのペースを減速する」との見解が伝わると、米10年債利回りは2.91%台から2.87%台へ低下したことでドル円も134円台まで弱含んだ。

今後の動向として、レジスタンスラインは135.60円付近が意識されているが、下値としては134.50円を割り込まない限りは再び、上値を試す動きとなるだろう。

■ドル円 レジスタンス&サポートライン

レジスタンスライン:135.60円

サポートライン:134.50円

USDJPYH4.png

同様

最新ニュース

各国の決済システムで入金可能

団結力を感じよう

データ収集に関するお知らせ

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera