ドル円の今後の展望

ドル円の今後の展望

2022-05-04 ・更新

今後、円安はさらに進行するか?

ドル円は4月28日に一時20年ぶりに131円台まで上昇しました。

これは日銀が大規模な金融緩和策を維持したうえで長期金利の上昇を強力に抑え込む方針を明確にしたことで円安ドル高が加速し円を売ってドルを買う動きが強まりました。

円安は日本の輸出企業にとっては利益が増える一方で、日本が輸入に頼るエネルギー、食料品などの価格を押し上げることになります。

市場では「インフレを抑制するため金融の引き締めを急ぐアメリカと日本の金融政策の方向性の違いが意識され、円を売る動きだけでなく利回りが見込めるドルを買う動きも強まっていることでどこまで円安が進むか見通せない状況となっています。

日本のゴールデンウィーク中に米国ではFOMCが開催され、0.50%の追加利上げが決定され、9兆ドル規模に膨れ上がったバランスシートの縮小計画が発表されると予想されている。そして、6月のFOMCでは、バランスシートの縮小開始が見込まれ、金利スワップ市場は0.75%の大幅利上げを織り込みつつある。

一方で日本銀行は、現在の金融緩和政策の継続と毎営業日ごとの指し値オペが示唆されていることで、ドル買い・円売りの流れが継続すると見込まれている。

米国株はこうしたFRBの引き締め加速(タカ派姿勢の強化)リスクを織り込む形で、4月21日から大幅下落となってきた。その点で4日のFOMCで事前警戒ほどタカ派でなければ、大幅利上げの連続化不安が一服。短期調整的にドル安・円高が後押しされる可能性もある。

■今後のドル円は?

米国は利上げのスタンスを示している、つまり、米ドル金利が上昇する見通しであること、そして、日銀は、現在の大規模な金融緩和策を維持するスタンスを表明しているので2ヵ国間の金融政策は異なる。

さらに、全世界的にインフレが進む状況下で、日本だけが金融緩和策を維持すれば、「円売り」が行われることは、理にかなっているので、もう一段の「円安」が進む可能性がある。

同様

最新ニュース

多種多様な支払い手段をご利用可能です

絶好調

データ収集通知

FBSは、当ウェブサイトを運営するためにお客様のデータ記録を保持しています。「同意する」ボタンをクリックすることにより、当社の プライバシーポリシー に同意したことになります。

お問い合わせ

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

電話番号を変更する

あなたの要求が受け入れられました

マネージャーがすぐにあなたに電話をします

この電話番号の次の折り返しリクエスト
後に利用可能になります。

緊急の問題がございましたら、こちらからお問い合わせください。
ライブチャット

エラー。後ほどお試しください。

時間を無駄にしないでください。NFPが米ドルと利益にどのような影響を与えるかを追跡してください!

初心者用外国為替取引ブック

『Beginner Forex book』は取引世界を説明します。

初心者用外国為替取引ブック

取引を開始するための最も重要なこと
電子メールを入力し、弊社は無料の外国為替ガイドブックをお送りします

弊社サービスをお選びいただきありがとうございます。

特別なリンクを電子メールでお送りします。
電子メールに入っているリンクをクリックして 、電子メ ールアドレスを確認すると、 無料で初心者のための外国為替ガイドブックを獲得します。

古いブラウザバージョンが検知されました。

より安全で生産性の高い取引経験のために、最新バージョンにアップデートするか、別のブラウザを試してください。

Safari Chrome Firefox Opera